戻る

PAMIC「会員制X線単純写読影サポート」

 

 実地医家の先生方と放射線科専門医との間に日常的な協力関係を構築し、先生方に安心して日常の診療に当たっていただけるよう、実地医家画像診断協力推進協会(Practitioner's Association for Medical Imaging Collaboration : PAMIC:パミック)を設立いたしました。X線装置をお持ちで、X線単純写真を日常的に読影されている実地医家の先生が対象です。入会ご希望の方はご連絡下さい。

単純写真を1枚撮った途端、そこに写っているもの全てが証拠(evidence)となります。

単純写真の持つ意味は今完全に変わりつつあります。

自分だけで判断する時代は終わりました。

専門家と責任を共有しましょう。それがよりよい医療への第一歩と考えています。

日々の診療に安心をお届けします

X線検査の診断を放射線科医と共有する安心
X線写真の読影について、お一人で迷っておられませんか?

診療情報の増加による安心
撮影装置が有効に使われていますか?

診療情報の信頼性の向上による安心
患者様の過去の画像が直ぐに取り出せますか?

「デジタル医療データ(DMD)バンク」利用者クラブ

お集まりの人数に関わらず説明会+講演会を設定いたします

講演会:単純X線写真の撮り方読み方

講師:獨協医科大学名誉教授 藤岡 睦久

お問い合わせ:TEL 028-616-1257

PAMIC会則

事務局長ご挨拶

ご案内

PAMIC入会申込書

お電話でのお問い合わせ、028-616-1257, 火、木、金(9:00am-5:00pm)

オフィスのメールアドレスは公開しておりません。mutsuhisa@nifty.com宛ご連絡下さい。オフィスのアドレスでご返信いたします。

〒320-0027 栃木県宇都宮市塙田2-3-6栃木中央ビル5階

オフィス エフ・エム・イー 宛